サーターアンダギーはお土産としても人気!間違いないおすすめ店4選をご紹介します!

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
沖縄県民が愛してやまないおやつ、「サーターアンダギー」。

観光客にも人気で、好きな方も多いんではないでしょうか?
私も大好き^^

今では空港や道の駅などにもお土産として販売されているので、
「サーターアンダギーなんてどこで食べても一緒じゃないの?」
と、思われる方もいるかもしれません。

いや、一緒じゃないんですよ。
やっぱり有名なお店のサーターアンダギーは美味しさが全然違いますし、揚げたてはさらに美味しい!
そして、一口に美味しいと言っても、お店によって美味しさも違うんです。

そこで今回は、沖縄本島で私が選ぶサーターアンダギーのおすすめ店をご紹介します!

ではまず、「サーターアンダギー」のことをご存じない方のために・・・

サーターアンダギーとは?

 


サーターアンダギーは、沖縄の揚げ菓子です。

砂糖、小麦粉、卵などを混ぜて生地を作り、低温で揚げます。

ウチナーグチ(沖縄の言葉)で、「サーター」は砂糖、「アンダギー」の「アンダ」は油、「アギー」は揚げ、という意味で、沖縄地元では「砂糖天ぷら」とか「サーターアンラギー」とも呼ばれています。

見た目も味もほぼドーナツですが、水を加えす、砂糖と卵をふんだんに使っているので、密度が高くて食べ応えがあります。

表面はサクサク、中はモソモソ、シットリとした食感が特徴。
低温で時間をかけて中まで揚げることから、沖縄のような暑いところでも常温で置けて日持ちします。

子供のこぶしくらいの大きさが標準的(よく見かける大きさ)で、もっと大きなものから一口サイズのものまで、大きさはお店によって様々です。

サーターアンダギーは揚げている時に一部が割れて、チューリップみたいな形になります。
その開いた様子が笑顔のように見えることから、縁起物として慶事などでも食べられる事も多いようです。

「サーターアンダギー」このお店なら間違いなく美味しい!!

冒頭にも書きましたが、沖縄にはサーターアンダギーのお店がたくさんあるので、たくさんご紹介しようかとも思いましたが、それでは結局どこがいいのか、読んでいただいている方もわからなくなると思い、4つに絞りました。

この4店は私的におすすめであり、多くの方も美味しいと言っているので間違いないと思います!

ではいきましょう~~!

歩(あゆみ)のサーターアンダギー

那覇市国際通り近くにある、有名な牧志公設市場。
ここの2Fに「歩のサーターアンダギー」があります。

お店の前には様々なメディアに取り上げられた掲載紙面が沢山飾られています。
でも取り上げられることだけのことはあります。

私も大好きで、沖縄行ったときは必ず買って帰ります。

HideFukuさん(@fukushima73)がシェアした投稿

歩では、プレーン味のサーターアンダギーが販売されています。

5個入り(450円)と9個入り(756円)が売られています。
1個90円ですが、9個入りは中途半端な値段(笑)

ちょっと割引してくれているんでしょうか。

まず表面はカリカリというより、サクサク。
中はフワッとしていて、ケーキのよう。
他のサーターアンダギーより黄色っぽいです。

そして甘すぎず優しい味で、とても美味しいです。
油っこくないので、何個でも食べれてしまいそうで怖い(笑)

たいていのサーターアンダギーは固さがあるので手で割れるんですが、こちらのはとても柔らかいので、割ろうとしても綺麗に割れずボロボロ崩れます。

なので、食べるとき手で割って食べず、そのままかぶりついてください^^

午後には売り切れになることも多いようなので、確実にゲットするには午前中がおすすめです。

呉屋てんぷら屋

こちらも国際通りにあるお店です。

taichiさん(@chikurin_t)がシェアした投稿

初めての方にはお店の場所が少しわかりづらいかもしれませんが、こちらのサーターアンダギーは大きくて安くて美味しい!

1個60円。
プレーンと黒糖味があります。

表面はカリっとしていて、中はモチっしています。
割ってみるとカリカリの部分が多いかな。

甘さ控えめで、これも何個でも食べたくなる感じ。
なんだろう・・・素朴さがいいのか、癖になる美味しさです。

こちらのサーターアンダギーも大好きで、いつも10~20個買います(笑)
日持ちするのでつい大量購入してしまう^^;

でも全国発送もしているようなので、お取り寄せで食べれますね。

また、こちらは「天ぷら屋」なので、サーターアンダギー以外にも、魚やイカなどの天ぷらも売っていて、天ぷらも美味しいです!

余談ですが・・・
沖縄の天ぷらは衣が厚く、味がしっかりついています。
沖縄では気軽に買っておやつとして食べることも多いんです。

もちろん夕飯のおかずにも、ビールのおつまみにもなる天ぷらは、沖縄のソウルフード的存在。
サーターアンダギーと一緒に是非食べてみてくださいね^^

お店は浮島通りから入る方がわかりやすいです。

スポンサーリンク

優美堂

こちらは糸満市のひめゆりの塔の向かいにあるお店です。

加藤 亜弥乃さん(@yanokari1115)がシェアした投稿


優美堂は、食事ができ、お土産なども取り扱っているお店なんですが、こちらで作られているサーターアンダギーは観光客にも人気があり、揚げたても食べられ、美味しいと評判です。

こちらのサーターアンダギーはかぼちゃ入りです。
なので、中を割ると黄色の生地です。

表面はカリカリ、中はしっとりとした食感。
表面のカリカリ感が美味しいです。

かぼちゃ入りということですが、完全かぼちゃ味というわけでもないです。
私は何度食べてもかぼちゃの味はほとんど感じませんね。

なので、かぼちゃが苦手な人でも全然いけますよ。

原材料に余計なものもは使われていないので、素朴で美味しく安心して食べられます^^

さーたーあんだーぎーの店 安室

🌵TKB AWARDS🌵さん(@tkbawards)がシェアした投稿


こちらのお店は那覇市の久場川にあるんですが、お店の場所がわかりにくく、周辺の道も狭いです。

私が初めて行った時はレンタカーを借りていたけれど、道に自信がなくてタクシーで行ったくらいです(笑)

それでも連日多くの地元のお客さんや観光客が来ているようです。

空港やスーパーなどに出ている、お土産用の商品も作っているので、有名なお店ではあります。

ここでは、プレーンの他に黒糖と紅芋味が売られています。

「安室」と付いているのは、「安室養鶏場」の卵を使っているからだそうですが、安室養鶏場の卵は地元のスーパーなどでも売っていて、卵自体がとても美味しいようです。

やっぱり美味しい卵で作るサーターアンダギーは当然美味しくなるんですね。



こちらはお土産用として売られてたパッケージ。
店頭はちょっとパッケージが違います。

表面はしっとりサクサク。

今までご紹介してきたサーターアンダギーは、表面がカリカリなものが多いですが、こちらのはどちらかというとしっとりしています。
でもサクサク感もちゃんとあります。

中は白くてふわふわ。でもジューシな感じもあります。
それなのに表面は全然脂っぽくなくて、触っても手に油が付きません。

これもまた何個もいけちゃうくらい美味しいです!

通販でも購入できますよ!

サーターアンダギーはトースターで温めてから食べよう!

サーターアンダギーはやはり揚げたてが一番美味しいですが、お土産にしたりその場で食べれなかったりした場合は、トースターで2~3分温めると、揚げたてに近い美味しさになりますよ。

もちろんそのままでも美味しいですが、やっぱりひと手間かけて温めたほうが、更に美味しいです!

まとめ

私がおすすめするサーターアンダギーのお店、4店をご紹介させて頂きましたが、食べてみたいお店のものはありましたか?^^

食べる人によって感じ方は人それぞれですが、どこのサーターアンダギーがいいかなぁと思っている方の参考になればとても嬉しいです!

よく「一番美味しいのはどこ??」と聞かれますが、どのお店も順位をつけ難いんですよねぇ・・・^^;

私個人的には「歩」か「呉屋天ぷら屋」か・・・。

ん~~~~~、悩む。
わずかに「歩」かなぁ(笑)

沖縄料理が苦手でも、サーターアンダギーが嫌いという人はあまり聞きません。

沖縄に行ったら是非、本場のサーターアンダギーを食べてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください