「カフーリゾートフチャク コンド・ホテル」旅行記!どの棟がいいの?宿泊体験とカフーリゾートの魅力をご紹介します!

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
恩納村の東海岸沿いには、リゾートホテルがいくつも立ち並んでいますが、その中の1つ、「カフーリゾートフチャク コンド・ホテル」の体験レポートです!

全室オーシャンビューで、どの客室も広く、一番小さい「スーペリア」の部屋でも 36m²あります。

そして屋上のプールからの眺めが最高!
また、約180種類の快適グッズが無料(一部有料)で借りられ、ロングステイにもうってつけのホテルです。

口コミ評価も高く、子連れ、ファミリーにもおすすめのホテルです!

今回はそんな「カフーリゾートフチャク コンド・ホテル」の魅力や宿泊体験をご紹介しますね!

「カフーリゾート フチャクコンド・ホテル」の場所や特徴は?

「カフーリゾートフチャク コンド・ホテル」(以下「カフーリゾート」)は、那覇空港から沖縄自動車道を利用して、車で約50分のところにあります。

2009年に開業された比較的新しいホテルで、全室オーシャンビュー、広々とした部屋が特徴です。

カフーリゾートは「ホテル棟」「コンド棟」「アネックス棟」の3つの棟があります。

すべての棟が独立しているため、他の棟へ行く場合は外から行く必要がありますが、カートが随時運航しているので、それに乗って行けます。

「ホテル棟」はメインの棟であり、朝食会場(The OrangeやDeli & Café)もこの棟にあります。

ホテル棟はキッチンなどはついていませんが、電子レンジや電子ポットはあります。
(私が宿泊した「プレミアムスイート」は、乾燥機付き洗濯機がついていました)

「コンド棟」は、コンドミニアムタイプなので、調理器具や食器、掃除機や洗濯機がついています。
ホテルというよりほぼマンションといった感じのお部屋。
自炊したい方や暮らすように滞在したい方向けですね。

「アネックス棟」は、2016年4月にできた新館です。
全室スイートで、こちらにも調理できる設備や洗濯機があります。

また屋上にはインフィニティープールがあり、どの棟に宿泊しても利用できます。

カフーリゾートの部屋は広くて快適!

私は今回は「ホテル棟」の「プレミアムスイート」に宿泊しました。

どの棟に宿泊しようか迷いましたが、結果的に「ホテル棟」を選んで良かったです。
その理由は後に書いています^^「プレミアムスイート」は11階のエグゼクティブフロアにあります。エレベータで11階まで行くんですが、部屋へ行くにはまた外(通路)に出ます。

ホテルの裏にあるゴルフ場が通路からよく見えます。

これが部屋の入口。
部屋への入口は外に面しているのでマンションみたいな感じ^^;

リビングです。
リビング横にベッドルームがあり、扉で仕切ることができます。

カウンターには、コーヒーマシンと電気ポット、下には冷蔵庫、電子レンジ、乾燥機付き洗濯機がありました。

もう1つ(玄関横)のベッドルーム。
写真には写っていませんが、壁にTVがついていました。

エアコンも各部屋についているので締め切ることもできます。

お風呂。めちゃめちゃ広いです。
身長157cmの私が余裕で寝そべることができます。
そして窓からは海が見えます。

トイレ。
自動で蓋が開き、自動で水が流れます!
どうでもいい情報?(笑)

洗面台。
2つあります。

ベランダです。
眺め最高!

11階なので結構高いです。
子供が恐々下を見ていました(笑)

部屋からの眺め。
波の音が聞こえ、こんな感じで青い海が見えます。

写真が続きましたが、お部屋はこんな感じで、とても快適に過ごせました。

ベットルームが完全に別室になっているので、子供たちを寝かせた後、リビングやベランダでゆっくりお酒を飲んだり、明かりやTVを気にしないで付けることができるのも良かったです^^

あと、部屋に洗濯機があるのはかなり便利です。
寝ている間にも回せますし、特に今回の部屋は乾燥機も付いていたので、干す手間もなしで楽チンでした。

カフーリゾートのインフィニティプールは眺め最高!

カフーリゾートには「ホテル棟」の2階と「アネックス棟」の最上階(12階)にプールがあります。

ホテル棟のプール

子供向けの浅いプールもあるので、利用している方はファミリーが多かったです。

「ホテル棟」は、部屋の真下がプールです。

手前のプールは水深が深いですが、奥の小さいプールは水深80cmなので小さい子供も遊べます。

プール自体は大きくなく、滑り台などもないです。
人が多いとちょっと狭さを感じるかも・・・。

プールのすぐ横で、タオルや浮き輪など無料で貸してくれるので、わざわざ持って行かなくてもOKなのは良かったです^^

アネックス棟のプール

アネックス棟12階にあるプールは、インフィニティプールなので開放感がすごいです!

プールからは、こんな景色が見えるんですよ~!
めちゃめちゃ展望いいです!

このプールは、海を眺めながら浸かっているだけでも癒される、大人的プールになっています。

子供も利用できますが、景色を見ながら静かに浸っている人も多いので、あまり騒ぐと悪いかな~という気持ちにはなります^^;

海とプールのコントラストがとても綺麗。

この写真はまだ太陽が高いですが、天気が良い日は夕陽もめちゃめちゃ綺麗です!

プール周りには、自由に休憩できる場所もあって、そのスペースもおしゃれです。
ここで飲み物や軽食を食べることもできます。

またこちらでも、タオルや浮輪の無料貸し出しをしてくれます。

ただ1つ、更衣室やロッカーがないため、部屋から水着やラッシュガードを着て行かなければならない点だけご注意を。

ここのプール、うちは子供がはしゃいでいたので長時間は利用はしませんでしたが、大人だけだったらゆっくり景色を見ながら過ごしたいプールでした。
是非このプール、体験してくださいね!

ちなみに、普段は日没までの利用ですが、7月~9月は21時までナイトプールを楽しめます!
日没後は大人のみ利用可能となるので、さらに静かでロマンチックに過ごせること間違いなし!

カフーリゾートは、夜も雰囲気がとてもいいので、夜もおすすめですよ!

移動は専用カートで楽チン~♪

各棟への移動は専用カートで移動できます。
ロビーにいるスタッフさんに声をかけるとすぐ迎えにきてくれました。

「ホテル棟」から「アネックス棟」へは徒歩5分くらいですが、上り坂のため、暑い時期やゆっくり歩く子連れにはけっこうキツイ・・・。
カートは子供たちも楽しそうでしたし、是非活用しましょう^^

ただし、カートの台数の関係もあり、夏休みなどの繁盛期にはなかなかタイミングよく乗れないときもあるようです。

カフーリゾートのレストランとルームデリバリー

ホテル棟に、シーフードレストラン「Wine & Dining The Orange」と、テイクアウトも可能な「Deli & Café」が、アネックス棟には、BBQスタイルの焼肉レストラン「琉球 BBQ Blue」があります。

朝食のスタイルは、「The Orange」が洋食ビュッフェタイプ、「Deli & Café」が約10種類の中から選べるプレートタイプ、「琉球 BBQ Blue」は、和食ビュッフェタイプになります。

あとは、15時~22時半まで、ルームデリバリーのサービスもあります。

うちは今回は「Deli & Café」とルームデリバリーを利用しました。
それには理由があります。

「Deli & Café」とルームデリバリーは子連れファミリーに大人気

「Deli & Café」

なか みどさん(@nakamido1118)がシェアした投稿


この「デリ」がとても便利で、ここで朝食やランチなどを買って、部屋で食べることが出来るんです。
容器代に100円必要ですが、小さい子連れの場合、外でゆっくり食事が出来ないことも多いので、部屋で頂けるのは本当にありがたいんです。

それにスイーツまであるので、食事以外の時も部屋で海をみながらケーキを食べる・・・なんてこともできちゃいます!

うちも滞在中の1日は、朝早くから移動しなければならなかったので、子供たちが寝ている間に「デリ」で朝食を頼んで部屋にテイクアウトしました。
そのおかげで短時間で朝食を済ませることができました。

部屋に電子レンジもあるので、冷めたら温めれますし、「デリ」は助かりました。

テイクアウトしなかった日はカフェで食べましたが、カフェは雰囲気もよく、ドリンクやスープ、シリアルなどもセルフサービスで取ることができます。

メニューを一部ご紹介^^

手前のはエッグベネディクト。
卵トロトロで美味しかったです。

お子様プレート。
定番のウインナーや唐揚げがあって子供は喜んでいました。

ゆし豆腐のおかゆ。
優しい味で、飲みすぎた日の次の朝には最高(笑)

ルームデリバリー

到着した日の夕食はルームデリバリーを利用しました。

ホテルのルームサービスはとても高いので、普段は利用をためらいますが、カフーリゾートのルームデリバリーはとてもリーズナブル!
そして味も美味しいんです!

種類も豊富でキッズメニューもあるので、子供も喜んでいました。

メニューはこちら
https://www.kafuu-okinawa.jp/stay/roomservice.php

疲れちゃって動きたくない時や、小さい子連れの場合はかなり活用できるので、カフーリゾートの人気のポイントのようです!

サポートアイテムの充実さにびっくり!!

カフーリゾートを利用する理由のひとつにもなりうる、貸し出し品「サポートアイテム」。

上記は貸し出し品の一部ですが、これ、ほんとにすごいですよ。

約180種類ものサポートアイテムがあり、その内容は、安眠グッズ(まくら)や美容家電(目元エステ、エステローラー、頭皮エステなど)、キッチン家電(最新炊飯器、掃除機、ノンフライヤーなど)、ベビーグッズ、テレビゲーム(Wiiなど)や子供のおもちゃ、絵本などなど、非常にバリエーションが豊富で書ききれません!

また、蔦屋(つたや)家電がセレクトした便利家電もあり、在庫があれば「使ってみたかった~!」という夢もかなえてくれます!

一部有料なものもありますが、ほとんどのアイテムは無料!

ただし、数に限りがあるので、貸し出し中だと借りられない場合もあります。
うちも旦那が最新の髭剃りを試したかったようですが、レンタル中でした(笑)

また、事前予約などはできず、チェックインしてからの申し込みになりますが、是非利用してみてくださいね。

サポートアイテムの内容はこちら
https://www.kafuu-okinawa.jp/stay/images/items/supportitem.pdf

室内清掃&タオル交換なしで1000円の館内利用券がもらえます

うちは清掃&タオルは交換してほしいので利用しませんでしたが、朝10時までに清掃&タオル交換の必要ないことをフロントに連絡すると、1000円分のホテル内で使える金券がもらえます。

この券を使って「Deli & Café」での朝食を「The Orange」でのビュッフェ朝食に変更することもできるので、清掃不要な方には嬉しいサービスですね。

スポンサーリンク

どの棟に宿泊するか迷っている方へ

「アネックス棟」は新しくて全室スイートで広いし、「ホテル棟」も宿泊してみたい部屋があるし、真ん中の「コンド棟」が一番いいのかもしれないし・・・。

と、悩む方多いんではないでしょうか。

どの棟もそれぞれの魅力があって、私もかなり悩みました。

今回私は「ホテル棟」にしましたが、その理由としては、朝食会場(デリ)と子供用プールが「ホテル棟」にあるからです。

うちはまだ小さい子連れなので、行動は子供メインに考えます。
朝食会場2つとプールが近くにあるのは、子連れで動く私たちには楽チンでした。

それから、景観を少し気にしました。

「アネックス棟」と「コンド棟」は目の前が駐車場になります。

高層階であればあまり気にならないかもですが、ホテル棟からの眺望は写真の通り素晴らしかったので、その点もホテル棟にしてよかったかなと。

部屋もちょっとランクを上げて「プレミアムスイート」にすることによって、ホテル棟でも乾燥機付き洗濯機が備え付けられているので部屋で洗濯もできました。

調理は旅行中する予定もないので(逆に旅行中くらい料理したくないので^^;)キッチン付きにはこだわりませんでした。

そうすると、ホテル棟が一番いいのかなという結果になり、ホテル棟の利用となりました。

なので、旅行する家族構成やどのように滞在したいかなどで選ばれるとよいのではないかと思います。

滞在中は部屋で過ごす時間も長く、料理もしたいという方は「アネックス棟」か「コンド棟」がいいかも。

「コンド棟」は、ほんとにマンションの一室のようで、あまりホテル感がない感じ。
普段の生活と変わらない感じで滞在したい方にはおすすめです。

「アネックス棟」は、「コンド棟」と同じような設備ですが、新しくて綺麗です。
そしてなんといっても最上階にインフィニティープールと、海をみながら焼肉がいただけるレストランがあります。

「ホテル棟」は、上記にも書いたようにメイン棟であるため、ロビーも大きくて広々。
朝食会場などの施設もホテル棟に集中しています。

参考になれば嬉しいです^^

まとめ

今回はカフーリゾート「ホテル棟」の宿泊体験や、カフーリゾートをご紹介しましたが、いかがでしたか?

「カフーリゾートフチャク コンド・ホテル」は、ゆとりある空間が魅力で、何日も滞在したくなるような素晴らしい設備が整っていました。

赤ちゃんや子供グッズも多数貸し出し品にあるため、小さい子連れにも優しく利用しやすいホテルです。
もちろん、大人だけでも優雅に過ごせるホテルです。

スタッフの方々も皆笑顔で気持ちよく接してくれました。

この写真は部屋ベランダからみた夕陽です。
少し雲がかかっていますが、空がオレンジ色に染まり、息をのむような美しさでした。

快適設備を堪能するには、是非2泊以上の連泊をおすすめします!

部屋やプールサイドからの景色や夕陽、楽しんでくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください