Royal Hotel 沖縄残波岬(旧:沖縄残波岬ロイヤルホテル)旅行記!子連れ歓迎ホテルの部屋や食事はどんな感じ?


子連れファミリーに最適と聞いて宿泊してみたホテル。
今回ご紹介するホテルは「Royal Hotel 沖縄残波岬」です。

那覇空港から車で約70分、読谷村(よみたんそん)にあり、沖縄本島最西端にあるホテルです。

観光スポットで有名な「残波岬」や「残波岬灯台」がすぐ近くにあり、全室オーシャンビュー!
ホテルの目の前は「ざんぱビーチ」が広がっています。

実は私はこのホテルの利用は3回目ですが、子連れで利用するのは今回が初めてです!

今回は「Royal Hotel 沖縄残波岬」の魅力や宿泊体験をご紹介しますね!

「Royal Hotel 沖縄残波岬」の場所や特徴など

1988年に開業された老舗の大きなホテルで、客室数は460室ほどあります。
以前は「沖縄残波岬ロイヤルホテル」という名称でしたが、2018年4月から「Royal Hotel 沖縄残波岬」に変わっています。

場所は沖縄本島中部の景勝地「残波岬」のすぐそばです。

ロビーと受付です。
広くて大きなロビーです。

大きな水槽もロビーにあります。
水槽の大きさのわりには魚が少なかったですが(笑)

わりと大きな売店もあります。
あと、写真を撮り忘れましたが、子供の乗り物やメダルで遊べるゲームコーナーがあり、うちの子供も楽しそうに遊んでいました。

宿泊料金が割とリーズナブルで大きなホテルということもあり、修学旅行生などの団体客の利用も多いです。
実際私が宿泊したときも、学生さんたちがたくさんいました。

ホテルの目の前は天然のビーチ「残波ビーチ」があり、多くのアクティビティが楽しめます。

子連れにおすすめの一番の理由は、ミキハウス子育て総研株式会社が認定する、赤ちゃんや小さい子連れでも安心して宿泊できる「ウェルカムベビーのお宿」に認定されているホテルだということ。

対象の部屋はイノベーションルームで、琉球畳が使用された和室になっています。
低いベットや子供が喜ぶ2段ベットなどが設置され、ファミリーで寛げる仕様になっていますよ。

ベビー用品のレンタルやグッズ販売も充実していますし、託児所もあるので、小さい子供連れでも安心して宿泊できます。

また、沖縄では珍しい露天岩風呂付大浴場もあり、無料で入れます。

「Royal Hotel 沖縄残波岬」のHPでお部屋の詳細などが見えれます。
https://www.daiwaresort.jp/okinawa/index.html/

「リラックススイートルーム」は快適でおすすめ!

「Royal Hotel 沖縄残波岬」の客室はどのタイプも35㎡以上あるので、わりとゆったりと過ごせます。

今回私たちは、最上階の部屋の「リラックススイートルーム」にしました。
理由は、もともとリーズナブルなホテルなので、スイートといってもそんなにお値段は高くなく宿泊できることと、禁煙ルームが確約できることです。

ここのホテルは、スイートルーム、アロマフレグランスルーム、和室タイプの部屋以外の部屋禁煙ルームが少なく、予約時に禁煙ルームの確約ができないんです。

子供もいるし、私もたばこの匂いがダメなので、禁煙ルームは絶対条件。
この部屋は広くて畳の部屋もあるし、完全禁煙なのでこの部屋にしました。

喫煙できる部屋が多いホテルは今どきのホテルには珍しいですが、喫煙する方にとってはありがたいホテルですね。

「リラックススイートルーム」の部屋は、リビング、ベッドルーム、和室があり、広さは70㎡。
トイレとバスルームは独立しています。

リビング。
子供がお立ち台遊びをしようとしたので早速怒られ降ります(笑)

リビングの奥には大きめベットが2つあります。

リビング、ベッドルーム、和室の各部屋にテレビがついています。

和室。
最大4枚の布団が敷けます。
19時過ぎに毎日布団を敷きに来てくれました。

お風呂。
お風呂にもテレビが付いていました。
広くて快適なお風呂でした。

アメニティはどこのホテルでもある、歯ブラシ、カミソリ、ブラシ等は揃っていて、他にロクシタンの石鹸やボディーソープなどもありました。
ロクシタンのアメニティは全室にはないようです。

ベランダです。
正直狭いベランダですが、大人二人が腰かけてビールを飲むくらいなら問題ないです。
ホテル向かいにある、お菓子御殿が見えます。

反対側は海が見えます。

真下にはプール。
行った時はシーズンオフです。

感想としてですが、30年経っているわりには古さを感じず、快適に過ごせました。

しかし、よく見るとソファーも小さな穴が開いていたり、剥がれかかっているところがあったりします。
また、スイートと言っても、他のホテルのような高級感もないですね。

でも清掃などの手入れは行き届いていて、綺麗なお部屋でした。

私はタバコ以外は細かいことを気にしないタイプなので、多少古くても剥がれかかっていても全く問題なし。
快適に滞在できればそれでいいので気になりません。

細かいことが気になる方や高級感を求められる方は、ここのホテル向きではないかもです。

まぁリーズナブルなお値段なので、高級感を求める方は宿泊しないと思いますが^^;

食事はどんな感じ?

宿泊を検討するときに気になるのは部屋と食事ですよね。
今回私は夕食も朝食も利用しましたが、どれも美味しく頂けました。

口コミではいろいろな意見がありますが、特にグルメでもない一般的な舌を持っている(と思っている)私の感想は、普通に美味しいと思いました。

朝食は13階にあるレストラン「ラ・ファール」でのバイキングです。

こんな感じで景色を見ながら食事をすることができます。

自分が選んだものを公開するのはちょっと恥ずかしいですが、こんな感じ^^;

パンが焼きたてで特に美味しかったです。
右上のビビンバ丼みたいなやつは、菜飯(セーファン)という沖縄のお茶漬けみたいなもので、御飯にトッピングを載せてコンソメ風スープをかけて食べます。
後は沖縄の定番料理もいくつかありました。

別の日のチョイス。
やはりパンは外せない(笑)
おまめサラダにシークァーサードレッシング。
もずくや、ゆし豆腐も美味しかったです。

黒糖・紅イモ・島塩・パイン・グァバ・シークァーサー・マンゴーなどのジャム、バター、ドレッシングがあり、沖縄ならではで楽しめました。

これもレストランからの眺め。
残波岬灯台が見えます。

夕食は1日だけホテル内で食べました。
1階にある「柳翠」というレストランで中国料理を食べましたが、すごいボリュームでお腹いっぱい!

子供がぐずってバタバタしたので写真が撮れなかったんですが、アグーチャーハン、フカヒレスープが特に美味しかったですよ。

全体の感想としては、いわゆる高級感はないですが、味はどれも美味しかったです。
テーブルも窮屈な配置でもなく、朝食に関しては最上階ということもあり、景色を眺めながらゆったり食事することができましたよ。

大浴場はタイミングが悪いと嫌な思いも・・・

「Royal Hotel 沖縄残波岬」には、沖縄では珍しく露天風呂付きの大浴場があるんですが、これに関して正直な感想を言いますと、入る時間によってはイモ洗い状態、すごい人です。

洗い場は列を作って待ち、湯船も人が多くて、ゆっくり入って疲れを取る・・・なんてほど遠い。
(男性風呂はそこまでなかったようですが、人は多かったと主人が言っておりました)

なんだかお風呂に行って綺麗さっぱりするどころか、あまりの人の多さに逆に垢がついて帰ってきてるんじゃないかと思うくらいだったので、もう行きたいと思いませんでした。

こんなことを書いてホテルに失礼かもしれませんが、これが正直な感想ですね。

今回私が宿泊した部屋はトイレとお風呂が独立しているタイプで、お風呂も洗い場も広く、大浴場より快適だったので、大浴場は1度きりで主人以外は部屋のお風呂に入りました。

このホテルの部屋の多くがユニットバスなので、おそらく宿泊客の方は皆大浴場へ行かれるんだと思います。

ただ主人が早朝と夜遅い時間は空いていて問題なかったと言っていたので、いつでもこんな状態ということではなく、タイミングによってだと思います。

私が行った時間は土曜日の21時~22時頃。
一番混雑する時間帯なのかも・・・。

その他の情報

エコプラン

滞在中、シーツの交換や清掃などが不要な方はフロントに連絡をすると、ホテル館内で利用できる金券500円分が1部屋ごとにもらえます。

「残波岬公園」は子供が喜ぶ遊び場

ホテルのすぐ近くに「残波岬公園」があります。
とても景色の良い公園で、ここには子供が喜ぶ遊具や散策路があります。


また、ヤギに餌をあげたり芝生広場で遊んだりできるので、子供が帰りたがらず、半日ここで遊んでいました。

すぐ側の「残波ビーチ」では、シーズンオフでも貝殻を拾ったり、大きなカニを見つけたりと、子供たちが飽きることなく過ごしていました。

詳しい内容を記事にしていますのでよかったらこちらも見てくださいね^^

まとめ

今回は「Royal Hotel 沖縄残波岬」の宿泊体験でした。

私の全体的な感想としては、禁煙ルームが絶対いい!という方は、今回私が宿泊したリラックススイートルームか、和室タイプの琉球スイートルームがおすすめです。
部屋もお風呂も洗い場も広くてゆっくり寛げます。

小さな子連れの方はリノベーションルームが「ウェルカムベビーのお宿」になっているので、そちらのほうが快適に滞在できるかもしれません。
ただ私が気になるのは、ユニットバスなんですよね・・・。

大浴場にはおむつ替えの台や赤ちゃんグッズなど置いてありますが、あの混雑ぶりだし、赤ちゃんはあまり大浴場に連れていきたくない方も多いんじゃないでしょうか。

なので、私が赤ちゃん連れだったら、今回宿泊したリラックススイートか琉球スイートを選択しますね。

「ウェルカムベビーのお宿」に指定された部屋が、お風呂がセパレートだともう言うことないんですけどね^^;

ニーズは人それぞれであり、他の人がイマイチといっても自分にとっては問題なかったり、またその逆もあったりしますが、私の正直な感想と体験記ご紹介しました。

今回の記事が宿泊を検討されている方などの参考になれば嬉しいです^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください