沖縄イベント情報「沖縄全島エイサーまつり2018」は沖縄夏の大イベント!迫力満点の演舞を見に行こう!

沖縄の数あるイベントの中でも人気のイベント「沖縄全島エイサーまつり」というものがあります。

エイサーのお祭りの中でも沖縄最大規模であるこの祭りは、「エイサーのまち」である沖縄市で、毎年旧盆明けの最初の週末に行われ、毎年約30万人が訪れる大きな祭りです。

祭りは3日間に渡って行われ、
・初日は、沖縄市中心街を練り歩く「道じゅねー」
・中日は、沖縄市青年会による「沖縄市青年まつり」
・最終日には、県内各地より選抜された青年会によるエイサー大会「本祭」

が、「沖縄市コザ運動公園陸上競技場」で開催されます。

会場はものすごい熱気で人も多いですが、エイサーの迫力ある動きや、神秘的な動き、それぞれの独特な衣装などに惹きつけられ、胸が高ぶります!

今回はそんな「沖縄全島エイサーまつり」の魅力や楽しみ方をご紹介しますね!

エイサーって??

旧暦のお盆の最終日に、先祖の霊を送り出すための踊りのことで、本土では盆踊りにあたるものです。

しかし近年は、沖縄の夏のイベント時でもよく見られ、運動会などの演目としても踊られることも多いので、子供から大人まで、沖縄県民ならほとんどの人が一度は踊ったことがあるくらい、沖縄の人たちにとっては身近なものとなっています。

エイサーにはいくつかの形態があり、エイサーの最も古い形ではないかと言われているのが、太鼓を使わない「手踊りのみのエイサー」です。

現在は太鼓を持つスタイルの「太鼓エイサー」が多いようです。

「沖縄全島エイサーまつり」の3日間はどんなエイサーをやるの?

初日 「道じゅねー」 18:30~

お祭りの初日は、沖縄市胡屋(ゴヤ)十字路周辺(国道330号と県道20号が交わる交差点)を、各青年会が練り歩く「道じゅねー」が行われます。

「道じゅねー」とは、 先祖を供養するために、エイサー演舞をしながら旧盆に集落の通りを練り歩くことです。
パレードのような感じですね。

約2時間かけてエイサー団が練り歩きます。
沿道から目の前で演舞が見られるので、近くて感動!迫力満点です!

中日「沖縄市青年まつり」15:00~21:00

M城J壱さん(@j_j_ichi)がシェアした投稿

中日は、沖縄市の青年会が多数出演する「沖縄市青年まつり」が「沖縄市コザ運動公園陸上競技場」で行われます。

「エイサーのまち」である沖縄市の青年会の本場演舞を見ることができるので、中日はエイサー好きには外せません(笑)

最終日「本島エイサーまつり」 15:00~21:00

yukiさん(@yuki.uez)がシェアした投稿

最終日は「本祭」です。
中日と同会場で、 県内各地から選抜された青年会のエイサーや、創作エイサーなどが行われます。

先ほども触れましたが、エイサーは太鼓の種類や曲、各地域、各団体によってな様々なスタイルがあります。

最終日では、色々なエイサー演舞を一度に楽しむことができるので、盛り上がりも最高です!

その他のお楽しみ♪

中日と最終日には、最後に観客も一体となって踊る「カチャーシー(歓喜の舞い)」が行われます。
みんな競技場に入り踊ります。
すごい人です^^;

居酒屋や琉球村などでもカチャーシーを踊ったことのある方もいるかと思いますが、カチャーシーはすごく盛り上がるんですよね^^
そして何より楽しい!!

そのあとは、レーザーショーや花火が打ち上がりさらに盛り上がりますよ!

スポンサーリンク

会場は有料の席もあり

全島エイサーまつりは入場無料ですが、県外から来るエイサーファンのために、数年前から、中日と最終日はスタンドに有料席が設けられるようになったようです。

有料席料金
S席(全席指定)2,500円(前売り2,000円)
A席(全席指定)1,500円(前売り1,200円)
B席(自由席) 1,000円(前売りなし)
※チケットは7月1日から販売予定。

私は有料席で見たことはないんですが、チケットは前売りでほぼ完売するほどの人気だそうですよ。

県外から来る場合は、確実に席が確保される指定席チケットを買っておいたほうが安心ですね。

「沖縄全島エイサーまつり」のアクセスや駐車場は?

初日の道じゅねーが行われる「沖縄市胡屋(ゴヤ)十字路周辺」、中日と最終日の会場である「沖縄市コザ運動公園陸上競技場」へは、沖縄自動車道の「沖縄南IC」から数分です。

会場の近くには臨時駐車場が設けられますが、一番近いこの駐車場はすぐ満車になります。

毎年、沖縄市役所と沖縄市中央公共駐車場にも臨時駐車場ができ、そこから無料のシャトルバスも出ているので、シャトルバスを使って行くのが一番無難かと思います。
シャトルバスは初日の会場にも運動公園にも行けるので便利です。

また、「イオンモール沖縄ライカム」からもシャトルバスが出ています。
ライカムの駐車場は広いので、そこから行くのもありですね。

コザ周辺にはコインパーキングがたくさんあるんですが、会場から距離があるため、あまりおすすめはできません。

徒歩圏内かなと思う駐車場は、
・グラウンド通り駐車場
・330パーキング
あたりでしょうか。

この2つの駐車場は、運動公園まで徒歩15分~20分くらいなので、空いていれば利用してもよいかと思います。

ついでに「オリオンビアフィスト」も楽しんじゃおう!

こじこじさん(@daisuke.kojimax)がシェアした投稿

毎年、沖縄市コザ運動公園のサブグラウンドで、「オリオンビアフィスト」というイベントが全島エイサーまつりと同時開催されています。

工場直送のオリオンビールや屋台での販売があり、沖縄出身の有名アーティストのライブが無料で楽しめるイベントです。
イベントの最後は花火も上がり、かなり盛り上がります!

エイサーまつりと同時開催ということで、運動公園周辺はものすごいことになっていますが、こちらの会場はアルコールも入っているので、みなさんテンションが高い(笑)

エイサーの演舞を見た後に、こちらの会場でビールとライブを楽しむ・・・ということもできますよ^^

オリオンビアフィスト2018
2018年9月1日(土)~9月2日(日)
15:30~21:00

まとめ

沖縄の夏を代表する大イベント「沖縄全島エイサーまつり」のご紹介でした。
一度エイサーを見ると、虜になってしまう方もいるほど、エイサーは魅力いっぱいの伝統ある祭事です。

エイサーまつりは、1956年にコザ市(今の沖縄市)が誕生した機に「全島エイサーコンクール」として開催されたのがはじまりなんですが、今では日本を代表するまつりの1つとなりました。

沖縄の人が、先祖を大切に思う心、祭事への熱い思いを持って伝統文化を大切にしている姿にいつも心打たれます。

暑い沖縄で、熱い演舞を是非見てみてください^^
感動、高揚感、普段感じられない興奮を味わえますよ~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください