「那覇ハーリー2019」は見逃せない大迫力イベント! ハーリーとは?ハーリーのスケジュールや駐車場は?

那覇ハーリー 競漕

沖縄県内最大のゴールデンウィークイベント、那覇ハーリーを知っていますか?

ハーリーとは、沖縄県各地の漁港で毎年旧暦の5月4日に行われる、爬竜船(はりゅうせん)という船で競漕を行う行事です。

爬竜船で競漕することで、海の恵みに感謝し、安全や豊漁を祈願します。

沖縄でおこなわれるハーリー行事の中でも最大規模の「那覇ハーリー」が今年もゴールデンウィークの5月3日~5日の3日間、那覇港の「新港ふ頭」で行われます。

毎年約20万人の人で賑わう大イベントとなっていて、競漕のほかにも、ライブや打ち上げ花火など、さまざまなイベントが行われ、とても盛り上がるお祭りなんですよ!

これが開催されると、沖縄に夏がやってくるな~という感じです。

今回は那覇ハーリーの概要やイベントなどのスケジュール、おすすめ駐車場などを紹介しますね^^

那覇ハーリー開催場所

那覇ハーリーは「那覇港新港ふ頭」で開催されます。

那覇空港から車で15分ほどと近いですが、会場周辺には駐車場がありません。
車で行く場合は、会場から離れた場所に駐車して、そこから徒歩なりタクシーなりで行くことになります。
(駐車場については記事後半に記載)

また、ゆいレール(モノレール)の駅もないので、会場へのアクセスは「路線バス」か「タクシー」がおすすめです。
路線バスは「泊高橋」にて下車、そこから徒歩約10分ほどです。

那覇ハーリーは船が格好いい!

那覇ハーリーは、他の地域のハーリーの舟とは違い、大きくて格好いい舟です。

他地域のハーリー舟は、漕ぎ手10名、舵取り1名で操りますが、那覇の舟は、漕ぎ手だけでも32名、それに加え、鐘打ち2名、舵取り2名、旗持ちなど6名と、乗組員が42名になる大型の舟です。

船首である舳(へさき)には竜頭が、舟の後部である艫(とも)には竜尾の彫り物がついている、すごく格好よく色鮮やかな舟なんです。

爬竜船

そんな舟で競漕する様は迫力があり、大興奮!

2018年の那覇ハーリー(本バーリー)の映像です。

  

「本バーリー」というのは、那覇ハーリーの最終日(5月5日)に那覇3地区の「那覇」「久米」「泊」が、往復600mを競漕する本気の勝負。

観客のみなさん大興奮です!

那覇ハーリー初日は中学生が頑張ります!

那覇ハーリーの初日(5月3日)は、那覇市内の中学生の男女別学校対抗戦が行われます。

学生たちが声を張り上げ、一致団結し、競い合う様は興奮なしでは見られません。

一生懸命な子供たちの競漕に感動します!

ハーリーの舟に乗る体験ができます!

那覇ハーリー2日目(5月4日)には、ハーリーの体験乗船が実施されます。
乗船だけでなく実際に漕ぎます。

乗船体験は、身長が100cm以上あれば、誰でも無料で乗船できるので、毎年大人から子供まで大人気!
すごい混雑します。

当日は時間に余裕を持って行くことをおすすめします。
乗船は私も体験したことないので乗ってみたいっ~~~!

那覇ハーリー最終日は最大の見せ場!絶対見逃せない!

那覇ハーリー最終日(5月5日)は、一般競漕と「御願(うがん)バーリー」「本バーリー」があります。

一般競漕は、青年会や企業団体などのグループが対決します。

女性だけのチームによる競漕や「航空会社vs管制官」、軍に所属するアメリカ人チーム対決など、多彩な組み合わせでとても楽しく迫力ありますよ^^

一般競漕の後に行われるのが、「御願(うがん)バーリー」「本バーリー」です。

御願(うがん)バーリーとは、古式ハーリーの衣装でハーリーウタ(歌)を歌いながら港内を回遊し、この儀式を神に捧げ豊穣を願う・・・という儀式です。

歌を歌いながらゆっくりと回遊する船を見ていると、なんだか心洗われます。

沖縄では祈りを捧げる行事(習慣)がとても多く、その様子を見るたびに、自分も毎日に感謝しなきゃなぁと思います。

その後は港内を競漕する「本バーリー」というものが行われます。
先ほど映像の様子が「本バーリー」です。

やっている方々はとてもキツそうですが、見ているほうは迫力いっぱいの勝負が見られて興奮します!

那覇ハーリー 競漕

那覇ハーリースケジュール

5月3日(金)
10:00~17:30
中学生、一般の部の競漕 那覇市内中学生男女別学校対抗戦
・予選 10:00~13:00頃
・男子決勝 14:30~
・女子決勝 14:45~
20:40~21:00
花火(音と光のファンタジー)
5月4日(土)
11:00~12:30、13:00~16:00
爬竜船(はりゅうせん)体験乗船
20:40~21:00 花火(音と光のファンタジー)
※この日は競漕はありません
5月5日(日)
10:20~16:00
ハーリー 一般競漕
16:40~17:30
御願(うがん)バーリー、本(ほん)バーリー
20:40~21:00
音と光のファンタジー 花火

那覇ハーリーは陸上のイベントも楽しい!

那覇ハーリーは競漕だけのイベントではありません。

azusakoさん(@lotus_cafe0312)がシェアした投稿


陸上では音楽ライブやお笑いステージ、夜には打ち上げ花火など、さまざまなイベントが夜まで連日開催されています!

Okinawamovieさん(@okinawaeisa)がシェアした投稿

また、打ち上げ花火や出店などの出店もいっぱいで、どの時間に行っても楽しめるイベントです!

会場のには、おむつ替えコーナーや授乳コーナーもあるので、小さい子連れの方でも楽しむことができますよ。

駐車場はあるの?どこがよいの?

会場に専用駐車場はありません。

車で行く場合は、近くのコインパーキングに停めるしかありません。
会場に一番近い駐車場は「泊ふ頭地下駐車場」になります。

那覇空港方面から行く場合は、国道58号を北に向かい、左手、とまりんの隣に「有料地下駐車場」と書いてある入口が見えるのでそこから入ります。
(交番が目印)

でもこの駐車場、60台ほどしか駐車できず、船を使う人も停めるので土日祝日は満車のことも多いです。

満車の場合はこちらの駐車場が広くて停めやすいかと思います。

NPC24H那覇新都心パーキング

NPC24H新都心公園駐車場

近いと言っても会場まで2キロ以上あります。徒歩30~40分くらいでしょうか。

特に小さい子連れの場合などは、駐車場からタクシーを利用して会場まで行くのがよいかもしれません。

1メーター500円ほどで利用できるので、上手に使って楽に移動しましょう。
 

まとめ

那覇ハーリー、ゴールデンウィークに沖縄に行かれる方は是非この那覇ハーリーを体験してきてください!

沖縄の貴重な伝統行事、なかなか体験する機会はないですよ~~!

イベント詳細HP NAHANABI
http://www.naha-navi.or.jp/magazine/2227/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください