「果報バンタ」は沖縄本島ナンバーワンの絶景スポット!穴場スポット満載の「海中道路」からの島めぐり~宮城島~


「海中道路」からの島めぐり。前回からの続きです^^

前回は、海中道路~平安座島~浜比嘉島までのおすすめスポットのご紹介をしました。

海中道路~平安座島~浜比嘉島のご紹介記事はこちら

今回は浜比嘉島の次の島、「宮城島」のおすすめスポットをご紹介します。

浜比嘉島と並ぶパワースポットで知られる神秘の島 「宮城島」

平安座島から県道10号線を進み、桃原橋(とうばるばし)を超えたら宮城島です。

桃原橋はとても短い橋なので、10号線を進んでいくと知らないうちに宮城島にはいっているかも(笑)

宮城島は周囲約12km、島民約800名ほどの小さい島ですが、魅力いっぱいの素敵な島です。

宮城島に入ると標高が一気に上がり、見える風景も変わってきます。

高い標高から眺める絶景や穴場ビーチ、癒しカフェなどがあるので、のんびりと過ごしたい人におすすめです。

では早速紹介していきましょう^^

沖縄を代表する塩工場「ぬちまーす観光製塩ファクトリー」

 

cafe icharaさん(@cafe.ichara)がシェアした投稿


伊計島に向けて車を走らせていくと至る所に「ぬちまーす観光製塩ファクトリー」の案内板があるので、迷うことはないと思います。

「ぬちまーす」の「ぬち」は、沖縄の言葉で「命」、「まーす」は「塩」です。

「命の塩」ぬちまーすは、宮城島の海水100%で作られ、「生命に必要なミネラル」成分がたっぷりと入っています。

ギネスブックにも「最もミネラル成分種類の多い塩」と認定された塩だそうです。

工場にはショップやカフェがあり、工場見学も自由にできます。

無料ガイドも毎日実施されていて、毎時0分、20分、40分に始まります。
10名未満であれば予約不要で、所要時間も10分~15分程度なので気軽に参加できますよ。

私はガイドを聞いての見学を是非おすすめします。
海水からの製法などがわかり、塩が雪のように積もっていく光景に、塩ってこんなに真っ白で綺麗なものなのかと感動します。

在明さん(@jemyong_y)がシェアした投稿

沖縄本島№1!絶景パワースポット「果報バンタ(かふうばんた)」

ぬちまーすの工場敷地内奥にある絶景スポットです。
工場の奥にある道を行くと「果報バンタ」はあります。

その景色を最初見たとき、

「わああぁぁぁぁ~~~!!」

と、誰でも必ず感動の声が出ます!見事な絶景、すごいです!

そしてそのあとはあまりに美しい光景に声がでません。
時間を忘れます・・・。

沖縄本島では「万座毛」が絶景ポイントとして有名ですが、はっきり言ってそれ以上の絶景です。

「果報バンタ」の「果報」とは、沖縄の言葉で「幸運、幸せ」、「バンタ」は「崖、絶壁」という意味です。

「幸せの崖」というだけあり、この絶景を見ると心洗われ、なんだか幸せな気持ちになります。

下にみえるビーチは「ぬちの浜」と呼ばれいて、満月の夜にウミガメが産卵にくるほど美しく自然なビーチ。
ただし、このビーチは陸からはいくことができません。

時々浜に人を見かけますが、カヌーなどで海から上陸した人たちです。

果報バンタは季節、時間、天候などによって見え方が違う!

果報バンタが一番綺麗に見えるのは、

夏の快晴日の風が強くない午後(干潮時は避ける)です。

午前中は太陽の光が反射して海が見えにくくなります。
また天気が曇りだと、海がグレーに見えます。

風が強いときはさざ波が立つので、風が強くない日がベストですが、風まで考えて訪れるのは難しいですから、運次第かな。
あと干潮時は水が引くので、できれば満潮時がベストですね。

この条件を満たさなくても絶景ですが、一番綺麗に見えるのはこの条件です^^

スポンサーリンク

 

ここも強力パワースポット!「龍神風道(りゅうじんふうどう)」と「三天御座(みてぃんうざ)」

ぬちまーす工場の敷地内には「龍神風道」と「三天御座」という強力なパワースポットもあります。

®️&©️さん(@_r._and_c._)がシェアした投稿

「龍神風道」は、海の神様「龍宮神」のパワーが入ってくるとされていて、強いエネルギーを浴びることができる場所です。

この場所から、琉球を作った神様が住んだ「浜比嘉島」、沖縄の聖地「久高島」が一直線に並ぶ姿が見られ、竜宮神の通り道とされています。

「三天御座」は、天・地・海の3つの神様が集まる場所とされています。

人生の岐路に立った時、しっかり覚悟を決めるときに最適なエネルギーを頂けるそう。
パワーを感じます・・・。

ちょっと前までは穴場として紹介されてきた果報バンタや、その周りのパワースポット。

最近有名になってきて、穴場とは言えなくなってきていますが、それでも万座毛よりも混雑していませんし、何より絶景なので、ここは絶対行くべし!とも言えるスポットです。

絶景を堪能したら、次はビーチにいってみましょう!

宮城島の穴場ビーチ「トンナハビーチ」でのんびり散歩やシーグラスを拾おう!

トンナハビーチ

伊計島に向かう国道10号線の途中に案内看板があるので、案内どおりに行くと着きます。

こじんまりとしたビーチですが、西向きなので波が穏やかで、台風が接近していても使用できるときも多く、シュノーケルやマリンスポーツにも最適な場所です。

シャワーやトイレ、更衣室などの設備も整っているので、快適に過ごせます。

砂浜はサラサラ。海水も綺麗。
素足でも歩けるくらいです。

ただし、このビーチは利用料がかかります。
私が行ったときは、駐車代込みで500円でした。

また、近くに石油を採掘している船(施設)があるので、それを見てしまうとちょっと残念な気持ちにはなります。

私はここでは海に入ったことはないですが、貝殻拾いやシーグラス拾いをしたことがあります。

シーグラスとは、ビーチグラスともよばれているガラスの破片のことです。


海に捨てられたガラスの破片が、岩にぶつかったり、波の動きによってだんだんと角が取れて丸くなり、表面が擦れて曇りガラスのようになります。

とても可愛らしいでしょ^^

子供の様に拾うのに夢中になって時間を忘れてしまいます(笑)

知名度も低く、人もあまりいないので、人だらけのビーチが嫌いな人には最適なビーチですよ^^

その他、宮城島には穴場ビーチとして「ウクノ浜」や「アクナ浜」などがあります。
サーファーなどには人気のビーチのようですが、どちらもたどり着くのがかなり大変なビーチです・・・。

「ウクノ浜」は道がわかりにくい・・。
なんとか行けましたが、駐車スペースまで行く道が、車1台ギリギリ通れる道。

「アクナ浜」はもっと大変で、道は超悪路、道のわきが崖になっている場所もあるので、運転をミスったら・・・。
駐車場もないです。

普通の車(レンタカー)では車の底を擦ってしまうくらい悪路なので、道の中腹に車を止めて、徒歩や自転車などで行くのをおすすめします。

スポンサーリンク

「果報バンタ」以外のもうひとつの絶景ポイント「シヌグ堂バンタ」

宮城島の中央付近に「シヌグ堂バンタ」という、絶景ポイントがあります。
およそ100mの高さにあり、宮城島の家々や伊計島を上から眺めることができます。

切り立っているので景色が良く、晴れた日にはコバルトブルーの海が綺麗です。

「果報バンタ」から10分くらいで行ける場所なので、あわせて巡ってみてください^^

宮城島のおすすめ 器も素敵なかき氷屋さん「瑠庵+島色(るあん+しまいろ)」

@aimiii85がシェアした投稿

平安座島から宮城島に入り、しばらく道なりに行くと、左手に緑色の建物が見えてきます。

ここはかき氷と器が楽しめるお店「瑠庵+島色(るあん+しまいろ)」です。

瑠庵+島色のかき氷は、手作りシロップのかき氷が食べられ、そのお味は絶品!
とても人気のあるお店でお客さんが絶えません。

かき氷の種類もたくさんあって毎回めっちゃ迷います!!
が、一番のおすすめは王道イチゴです!

広重 博信さん(@hiroshige1)がシェアした投稿


もう、大げさじゃなくてね、
ほんとにおいし~~~~~っ!!

いちごそのものを食べているような感じ。
シロップが程よい甘さでほんとに美味しい。

氷も、ふんわり柔らかくて、頭がキーンって痛くならないんです。

氷の中に白玉も入ってて、量もすごいって思うかもしれませんが、ペロッと食べれてしまいます。

かき氷だけでなく、器にまで気を配られているので、目で見て美しく、食べて美味しい、かき氷とのバランスが素晴らしいです。

フルーツを食べているような味が忘れられず、リピートする方が多いみたいですが、納得できます。

宮城島での絶景をみた帰りなどに是非立ち寄ってみてください^^

まとめ

宮城島の旅、どうでしたか?

小さい島ですが魅力が凝縮されていて、どこへ行っても感激の声がでてしまいます。

以前よりは有名になりましたが、島全体はまだまだ観光化されていないので、のんびりと過ごせるおすすめの場所です。

2度目以降の沖縄で、メジャーな観光地じゃないところに・・・と思ったら宮城島おすすめです!

さて、宮城島でパワーチャージしたら、お次は一番最後の島、伊計島に行ってみましょう~!

ということで、次回は伊計島をご紹介しますね^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください