「ブセナテラス」のランチと「ブセナ海中公園」を楽しもう!

名護市喜瀬に「ザ・ブセナテラス」という高級リゾートホテルがあります。
知っている方も多いと思いますが、沖縄リゾートホテルの中でも敷居が高く、なかなかのお値段・・・。
 
「行ってはみたいけれども、とてもとても泊まれない~っ」という方でも、ブセナ内のレストランを利用して雰囲気を味わうことは十分できます。
 
そこで今回は、私も利用したブセナテラスのランチと、ブセナテラスがある「ブセナ海中公園」のご紹介をします。

「ホテルランチをして、海中公園を楽しむプラン」ってところです^^
子連れでも楽しめますよー。

部瀬名岬に広がるブセナリゾート

部瀬名岬には色々な施設があり、2000年に沖縄サミットの会場となった万国津梁館(ばんこくしんりょうかん)もここにあります。

各施設の位置は地図の通りで、駐車場から海中展望台までは徒歩で15分ほどです。
巡回しているシャトルバス(無料)で各施設周ることもできます。

「ラ ティーダ」でランチビュッフェを楽しもう

ザ・プセナテラスの中にある、カフェテラス「ラ ティーダ」ではランチビュッフェを行っています。

ここのビュッフェ、とてもクオリティーが高く、どれもとても美味しいんです。
数あるホテルのビュッフェを楽しみましたが、流石ブセナだと思ったほどです。

そして、高級ホテルだからさぞかし高いだろうと思いきや、そんなことはありません。
クオリティーの割にリーズナブルだと思ったくらいです。

テラス席や窓際の席からはキレイな海が見えます。

この日は曇りだったのでこんな感じですが、それでも、目の前に広がる海と心地よい風を感じながらいただく食事は最高でした。

ビュッフェの種類は寿司、牛肉ステーキ、天ぷらなどなど、種類も豊富でどれも美味しい^^
私が行った時で、特に美味しかったのは、目の前で焼いてくれるステーキと、あげたて天ぷら。
何度もおかわりしました(笑)
 
フルーツやデザートも充実していて、特にアイスクリームが美味しくて、子供たちもアイスクリームを気に入っていました。
 

1つだけ、他のビュッフェと違うなぁと思ったのが、飲み物はコーヒー、紅茶以外は料金がかかること。

子供はコーヒー、紅茶が飲めないので、当然ジュースなどを注文するしかないんですが、やはりホテルだけあって高い・・・。

ドリンクバーがあれば、もう言うことなしなんですが^^;

でもそれでも、満足度は高いです。

yonmingirlさん(@yonmingirl)がシェアした投稿


「ラ ティーダ」ランチビュッフェ
場所:ノースタワー2F
開催時間:12時~15時
料金: 平日 大人¥2,800/小学生¥1,400 土・日・祝 大人¥3,000/小学生¥1,500
駐車場;ホテルの玄関前にある駐車場が近くて便利です。
※要予約ではないようですが、事前に電話で予約できるので、ハイシーズンなどは特に予約して行くのが無難だと思います。
カフェテラス「ラ ティーダ」http://www.terrace.co.jp/busena/restaurants_bars/la_tida.php
スポンサーリンク

ブセナ海中公園で遊ぼう!

ランチでお腹いっぱいになったら、目の前にあるブセナビーチを散歩するのも気持ちいいです。
(真夏は暑いですが・・・)

ブセナテラス周辺は「ブセナ海中公園」になっていて、海中展望台やグラス底ボードがあります。

また、万国津梁館もサミットホールの見学ができ、併設するカフェテラスも貸し切りなどなければ利用できます。
(サミットホールの見学はできない日もあります)

 海中展望台

 

写真中央にあるのが海中展望台です。展望台へは桟橋を渡っていきます。

展望台内部はとても狭いので、内部へ入れる人数制限があり、桟橋の上でしばらく待たされました。

展望内はいくつかの丸い窓があり、そこから魚やサンゴを見ることができます。

子供たちもそこそこ喜んでいましたが、美ら海水族館ほどは興奮していなかったかな・・・。

水族館と違い本物の海中なので、海の状態によっては濁りがあって見にくいときもあります。

私が行った時、台風の影響で海水が濁っていて、あまり綺麗ではなかったんです。

下記の写真がそうなんですが、近くに寄ってくるお魚は見えますが、写真奥のほうにいる魚は濁りのせいで見にくかったです。
見ていても「ちょっと残念だなぁ」と思うくらい。
 
なので、展望内は天気が悪くても観覧可能ですが、できれば天気がいいときのほうがおすすめです。
 

グラス底ボード

 
くじらさんの形をしたグラス底ボードです。
船の底がガラス張りになっていて、そこから魚をみることができます。

こんな感じで見えます。

またエサやりもすることができ、子供たちは楽しそうにエサをあげていました。

気持ち悪いくらい、魚が寄ってきますが(笑)

このグラス底ボートも、天気がよく、海の透明度もよいときの方が楽しめると思います。

が・・・、先ほども書いていますが、私が行った時は風が強く、海もかなり濁っていて、ぎりぎり船をだせる状態でした。

受付で券を買うときにスタッフさんに「かなり濁りがありますがいいですか?」と聞かれたくらいです。

せっかくだしと乗ったんですが・・・後悔しました・・・。
ほんとに濁っててあまり見えなかったんです。

やっぱり見えないと楽しさ半減です。
そして悪天候時の注意ですが、船がめちゃめちゃ揺れます。

私は割と船は強いほうなんですが、気持ち悪くなってしまい下をみることができませんでした。
子供たちは平気そうな顔をしていましたが、私と主人はグロッキー状態に・・・(笑)

やはり、天候は重要です!

 でも遠目で見ると、そんなに荒れているように見えないんですけどねぇ^^;

万国津梁館(ばんこくしんりょうかん)

わざわざここへ来るというほどの観光スポットではないので、あまり人がいません。
でも、海中公園へ来たら観覧するのをおすすめします。

特にここのカフェテラスは、雰囲気もよくて人も少ないため、落ち着いて食事ができる穴場的な場所だと思います。


そして、サミットでの記念写真が飾られていたり、各首脳が使用した椅子にサインプレートがつけられていたりと、ちょっと優雅な気分になれるカフェです。

世界の首脳も眺め、感動したという景色を見てみてください。


メニューも軽食程度ですが、沖縄そばやタコライスが食べられます。

ホテルのビュッフェより安いので、ここで軽く食事をして、海中公園内を散策するのもありだと思いますし、パフェなどのスイーツもあるので、休憩にもよい場所です。

ただし、貸し切りなどでカフェが使用できないときもあるので、このカフェが目的で行くのであれば、事前に確認したほうがいいです。

  

 まとめ

憧れのブセナテラスでのランチをして海中公園を楽しむプラン、こんな感じですが、海中公園に関しては、天気がいいときでないと楽しさは半減してしまうスポットかもしれません。

お天気がいいときは是非行ってみてください。

悪天候のときは・・・素敵なホテルで美味しいランチを楽しんだり、万国津梁館へ行ってみたりと優雅に過ごしてみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください