「ナガンヌ島」は那覇から20分!子連れ、日帰りでも楽しめる楽園です!

ナガンヌ島


沖縄本島の周りにはたくさんの離島があります。

その離島へは、車でそのまま行けたり、船で行っても1時間以内で気軽に行ける離島が多いんです。

離島はなんといっても海が綺麗!!
本島も綺麗ですが、それ以上の綺麗さです。

今回は船で行く離島の一つ「ナガンヌ島」という離島をご紹介します!

ナガンヌ島は那覇から約20分と、とても近くて気軽に行ける島なので本島滞在の一日を離島で過ごすなんてこともできます。

ナガンヌ島はこんな方に特におすすめです。

こんな方におすすめ!ナガンヌ島
・本島以外の観光も楽しみたい。
・離島に行きたいけど船に乗っている時間は短くしたい。
・青く綺麗な海で遊びたい、のんびりしたい。
・宿泊地が那覇近郊。
・子供がまだ小さいけど離島に行きたい。
・初めての離島に行く。

まずはナガンヌ島がどんな島か、簡単に解説します^^

ナガンヌ島とは??

ナガンヌ島

©OCVB

ナガンヌ島は2014年に国立公園に指定された、慶良間諸島の入口に位置する島で、東西に約1.7km、南北約200mの細長い無人島です。

島全体が珊瑚礁に囲まれていて、貝殻や珊瑚のかけらなどのコーラルサンド(珊瑚砂)でできています。

波は比較的おだやか。
真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海とのコントラストは息を飲むほどの美しさで感動ものです。

ナガンヌ島、実は正式名称は「慶伊瀬(けいせ)島」といいますが、ほとんど正式名称で呼ばれることはありません。
沖縄の言葉で細長いものを「ナガンヌ」というので、この島が「ナガンヌ島」と言われるようになったのだそう。
地元沖縄の方もナガンヌ島というのが一般的のようです。

ナガンヌ島は無人島ですが、レストランやレンタル用品、水洗トイレやシャワー、ロッカー、アクティビティなどなど、遊ぶための設備や管理がしっかり整っているので、全く問題なく安心して利用することができます。

ナガンヌ島の位置

那覇市から西に約15キロ、船で約20分の位置にある、一番近い慶良間諸島です。

ナガンヌ島への行き方、申し込み方法は?

とまりん
ナガンヌ島へは「株式会社とかしき」が運営する定期船のみで行くことができます。

定期便の本数はシーズンにより異なりますが、島の滞在時間が5時間になるよう、すべて往復便の時間が決まっているので、往路のみや復路のみでの購入、便の変更などはできません。

シーズン中(7月~9月)は、毎便満席になってしまうことが多いので、事前予約をしたほうがいいです。
予約は、ナガンヌ島の公式サイトや、各旅行会社などのオプショナルツアーの申込みでできます。

私のおすすめは、公式サイトからの申し込みか「旅プラスワン」という日帰りオプショナルツアー専門の予約サイトです。
プランが色々選べます!

ナガンヌ島公式サイト
https://www.nagannu.com/

旅プラスワン
http://www.tabione.com/nagannu/

乗船は那覇市の「泊港(とまりこう)通称:とまりん」からで、泊港前の「とかしき事務所」に集合します。

船は60名乗りのクルーザー船で、冷房、トイレ完備の高速船です。

あっという間、海の景色を楽しんでいる間に着いてしまいますが、波が高いと結構揺れるので、船が苦手、船酔いが心配という方は酔い止めを飲んでいったほうがいいです。

ナガンヌ島が近づいてくると、海の色が次第に変わっていきます。
海の色がエメラルドグリーンやマリンブルーに変わってきたら、ナガンヌ島到着です!

ナガンヌ島を満喫しよう!

ナガンヌ島景色

私はナガンヌ島に5回ほど行ったことがありますが、何度行っても桟橋に降り立った瞬間はテンションが上がります!

ナガンヌ島景色

青い海、半端ない透明度・・・。

初めて来た人は、那覇からこんなに近いところに、こんなに美しい場所があるなんてと驚かれます。
天気にもよりますが、晴れている時の美しさは本当に感動します・・・。

ナガンヌ島の海

至る所にやどかり!
やどかり
貝殻だと思って拾ったら、中に主がいることも多々^^

ナガンヌ島での過ごし方

夏場は海水浴はもちろん、シュノーケリングやオーシャンウォーク、ドラゴンボートなども楽しめます。

冬場でもシュノーケリングはできますし、ホエールウォッチングやセグウェイをレンタルして島内をまわることもできます。

私のおすすめはシュノーケリング!
浅い場所でも色とりどりの魚たちを見ることができます。

南洋さん(@yangnan3260)がシェアした投稿


波も穏やかなので子供でも泳ぎやすいですよ^^

シュノーケリングの道具もすべてレンタルできるので手ぶらでOKです。

その他にも、私はドラゴンボートが超楽しかった!
童心に返ってはしゃぎまくりでした(笑)

また、パラソルの下で海をぼ~~っと眺めたりお昼寝したり・・・。
何もしない・・・これも贅沢な過ごし方ですね☆

パラソルはレンタル必須

パラソル
ビーチには日陰はありません。

容赦なくギラギラの太陽が照り付けますので、5時間の滞在中、日陰なしは耐えられないです><

島内のレンタルカウンターで、パラソルやデッキチェアがレンタルできますので、レンタルしましょう。
のんびりゆったり過ごすには、ここはけちらずレンタルをおすすめします。

パラソル、デッキチェアともレンタル料は1,000円ですが、
・パラソル1本とチェア1脚1,500円
・パラソル1本とチェア2脚2,500円
の、セットレンタルがお得です。

小さい子連れの方や4人以上で利用の方、プライベート感が欲しい方、太陽の光をできるだけシャットアウトしたい方などは、コテージのレンタルがおすすめです。


コテージはデッキチェアが2脚ついて5,000円と決してお安くはないですが、島内のレストランで買った食事をコテージで食べることもできますし、両サイドにちょっと壁がある分、プライベート感もあり落ち着きますよ。

ただし、コテージは事前の予約が必要になりますのでご注意ください。

島内での食事

ダイニングテラス
ナガンヌ島は飲食物の持ち込みが禁止となっています。

なので、食事は島内にある「ダイニングテラス」のみで食べることになります。

メニューはカレーライスや沖縄そば、サンドイッチやたこ焼き、から揚げなどなど、この小さな島のわりには軽食メニューは豊富。
ドリンクやアルコール類はもちろん、アイスクリームなどもありました。

飲食のお値段ですが、こういう場所ですし、ホテル内での食事並みかと思ったらそこまではお高くないです。

公式サイトでツアー予約をすると、夏季はツアー料金に食事が含まれていますが、追加で注文する場合も1,000円以下で食べられるものばかりですし、ミネラルウォーターも100円でした。

その他には事前予約が必要ですがバーベキューもできます。

ナガンヌ島で必要なもの、注意することなどは?

必要なもの

私が行って必要だと思ったものです。
水着やバスタオルなどは当然なのであえて書きません(笑)

マリンシューズ(特に子供)

ナガンヌ島は貝殻や珊瑚のかけらなどのコーラルサンド(珊瑚砂)でできているので、素足では痛くてあるけません。
ビーチサンダルならなんとか歩けますが、海水浴をするのならビーサンでは脱げてしまいます・・・。

マリンシューズは砂も入りにくいし、海にもそのまま入れて快適!
特に小さい子供は、砂の上を上手に歩けませんし、ケガから守るためにもマリンシューズをおすすめします。

ラッシュガード

これも水着とセットのようなものなので、必要なものとして書くかどうか迷いましたが、必ず数名はラッシュガードなしで泳いでいる方がいるので一応書いておきます。

沖縄の紫外線は強烈です。日焼けが火傷のようになり、痛い思いをする方もいます。
ラッシュガードは速乾性と収縮性に優れていて、紫外線を防ぐだけでなく、水から出た後の防寒にもなります。

日焼け止めをこまめに塗る方は必要ないかもしれませんが、それもいちいち面倒ですよね。

ナガンヌ島に限らず、沖縄の夏を楽しむための必須アイテムといってもいいくらいなので持っていくことをおすすめします。

浮輪


海水浴をするならやっぱり浮輪があるといいです。
浮輪は沖縄に来る前に100均などで買っていくのがベスト!

100均の浮輪、かなり使えますよ!
もし破れたりしても惜しくないですしね。

酔い止め

船に乗っている時間は短いですが、心配な方は酔い止めがあると安心です。
今は水なしでも飲めるラムネみたいな酔い止めもあるので、飲んでおくと安心ですね。

スマホ防水ケース

スマホをこのケースにいれたまま撮影できる優れモノ。
首から下げて携帯すればいつでもどこでも、海の中でも撮影できます。

私は水辺には必ず防水ケースに入れてスマホを持っていきます。

注意点は?

ナガンヌ島は注意点などがいくつかあります。

・飲食物、石鹸シャンプー持ち込み禁止

島の環境保護のため持ち込み禁止になっています。
シャンプーなどは環境を配慮したエコ系洗剤のみ使用できます。

・支払いは現金のみ(クレジットカード、電子マネー等は使用不可)

パラソルやライフジャケット(シュノーケリングするなら着用義務あり)、アクティビティを申し込む人はその代金など、けっこうお金が必要になります。
すべて現金払いなのである程度現金を持っていきましょう。

レンタルするものや、アクテビティの申し込みにもよりますが、グループ(家族)なら一人あたり3,000円くらいあれば大丈夫でしょう。

・渡嘉敷村の「環境協力税(100円)」が必要。

渡嘉敷村は、観光資源の維持管理、環境美化、保全のため、入域する際に税金がかかります。
ナガンヌ島は渡嘉敷村になるため、ツアー代金とは別で「環境協力税(100円/人)」が必要になります。

まとめ

ナガンヌ島の海
今回は那覇からすぐの楽園、ナガンヌ島をご紹介しました!

島内では、自然のまま自生する植物やウミガメ、オカヤドカリなど多種多様な生物の観察もすることができ、珊瑚礁に群がる色とりどりの熱帯魚も見ることができます。

そしてなんといっても海の色が違います!
お天気にもよりますが、晴れた日の海の青さや輝きは本当にため息がでるほどです。

日帰りで十分楽しむことができ、那覇からのアクセスもいいので、私のようにリピーターも多いようです。

私個人的にもナガンヌ島おすすめです!
是非旅行の行程にナガンヌ島を組み入れて行ってみてくださいね!!

2 件のコメント

  • はじめまして

    旅行や観光で検索してブログランキングから辿り着きました。
    ホント日本じゃないですね!素敵すぎます。こんなところがあるなんてびっくりです。このサイトは見ているだけで楽しいですね。

    またお邪魔しに来ますね

    • ponagidonさま

      コメントありがとうございます!
      嬉しいお言葉を頂き、感無量です!

      沖縄周辺は素敵な島がたくさんありますが、ナガンヌ島は本島に近いのにとても綺麗な島で行きやすいので人気ですね!

      最近は本業が忙しくなかなかまとめられませんが、また素敵だと思って頂ける場所の記事も書いていきますので、また遊びにきてくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください